ロゴ

長期的な投資と考えれば儲かる!先行投資としての太陽光発電投資

>記事一覧>儲かることができる?太陽光発電投資の実態

儲かることができる?太陽光発電投資の実態

葉っぱ

電気を売れる太陽光発電は儲かる?

電気を自宅で発電するのは、近年では当たり前になりました。その際に、電気を売ることが出来るようになったのは有名な話でしょう。太陽光発電で儲かるのかどうかは気になるところですが、まだまだそれは難しいところもあります。しかし、太陽光発電は停電時などにも使えたりメリットも多く、設置に補助制度もあるので、長期の先行投資として太陽光発電投資をしてみても良いかもしれません。

太陽光発電のメリット

  • 自宅で発電できるので光熱費削減
  • 余った電気を電力会社へ売却
  • 震災等の停電時も発電可能
  • 壊れにくいので長期的に使える

太陽光発電の取り付けに関する不安を解消

電気を売ることになっても、メリットがたくさんあっても、自分だけでは高額な設置料金が支払えるか不安なだと思います。しかし、エコロジーな太陽光発電は、国が推奨しているので、いろいろな制度が執り行われております。その一部を紹介したいと思います。

太陽光発電の周りの様々な制度とサービス

住宅

国や都道府県の補助金制度の活用

数年前から太陽光発電は国が推奨していて、各地の補助金制度が充実しています。しかし、その制度は未来永劫続くものではなく、年々終了していくものです。2018年現在、まだまだ残っている地域はあります。ですから、自分の地域の補助金制度を利用できるうちに利用してみてはいかがでしょうか。

企業が提案する事業主へのサービスの活用

事業者の方にオススメしたいのは、エスコシステムズのサービスです。太陽光等のエコロジーな電力やライフラインの会社への導入を、エスコシステムズが支えるという仕組みの制度です。エスコシステムズが太陽光の設備費用を先に支払い、電力での儲けができたら、設備費用を返済していくシステムです。

電力の自由化がによる電力会社の活用

2016年に、電力の自由化が制定され、自分で利用する電力会社を選べるようになりました。これによって、電力会社の価格競争が起こり、電気の価格が安くなると言われております。海外では一概に安くなるとはいわれておりませんが、今後は電気の売却料金が高騰していくかもしれません。